読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケセラセラ

ジーンズとか服の話。

スタンスミスについて

 

f:id:eringiV2:20170108154240j:plain

街を歩けば必ずと行っていいほど見かけるスタンスミス。この生地を読んでいる人でこのスニーカーを知らないなんて人はまずいないだろう。僕も履いているのだが、このスタンスミスについて掘り下げていこうと思う。

 

【目次】

 

 

歴史・背景

スタンスミスのファーストモデルが登場したのが1973年。もとはテニスシューズとして履かれていた。スタン・スミスという名前の人が履いていたからスタンスミスと名付けられたとか。世界一売れたスニーカーとしてギネス認定もされているらしい。

 

僕の履いているスタンスミス

 

外側

f:id:eringiV2:20170108143800j:plain

 

内側

f:id:eringiV2:20170108144024j:plain

 

ヒールタブ

f:id:eringiV2:20170108144038j:plain

 

こんな感じです。

かれこれ2年近く履いている。靴なに履こうかな〜って迷ったらたいていスタンスミスにする。安心の一足。手入れは一ヶ月に1回くらい汚れ落としてクリーム塗って気が向いてら防水スプレーかけてる。

 

種類

セレクトショップとのコラボやら、アディダスオリジナルスやら、ABCマートやら…。たくさんの種類のスタンスミスが売られている訳だが、ここがかなり重要なポイントである。もしこれからスタンスミスを買う予定のある人がいたら参考にしてほしい。

 

スタンスミスには大きく分けて4種類ある。

・D品番

・B品番

・M品番

・S品番

 

品番てのはなにかっつーとシュータンの裏とか箱にかいてある製品番号?みたいなやつ。僕が持っているスタンスミスはB品番のものだ。

品番ごとの特徴を簡単に説明していこう。

 

D品番

2014年に発売された2年ぶりの復刻モデル。2017年の現在に至るスタンスミスブームの火付け役といっていいだろう。もう既に生産終了している。すぐ完売したらしく現在手に入れられるのはオークションぐらいじゃないかな。

ソールがクリーム色っぽくてクラシックな感じ。ヒールタブがヌバックで出来ている。カッコよくて個人的に好き。

¥14,040。

 

B品番

こちらは2015年に発売された。D品番に似ているが、B品番の最大の特徴はアッパーがガラスレザーで出来ていること。ヒールタブも他の品番のものよりも深い緑色になっている。D品番をアップデートさせた感じかな。全体的に落ち着いていてどこか上品な雰囲気。僕がこのスタンスミスを買ったときは品番のことなんてよくわからなかったけどD品番とB品番の2つで迷って結局こっちにした。見た目の好みの問題だと思う。お値段は¥15,120。ガラスレザーを使っているからかちょっと高め。

 

M品番

2014年に発売されてから今も普通にABCマートなんかで売ってる。偏見だけどスタンスミス履いてる高校生の8割はM品番だと思う。安いから。D品番の廉価モデル。ソールも真っ白だし、シュータンも厚い。履き心地重視なのかな。でもこれはこれでスタンスミスらしいし、悪くはないと思う。僕は選ばないけど。¥9,612。

 

S品番

2016年に発売されたスタンスミス。アッパーの横に「STAN SMITH」という金色の刻印がはいっている。この刻印がなければすごい好きだったのに…。ヒールタブの色はD品番のように鮮やかなグリーンに戻った。¥15,120。

 

 

ここに紹介した4種類だけでなく他にも様々な種類のスタンスミスがある。どれを履くかは好みの問題だと思う。僕は今はいているB品番をボロボロになるまで履きつぶしたい。コレクターでは無いから品番ごとに揃えたいとも思わないし、自分が気に入ったデザインのスタンスミスが発売されたらきっと買う。

 

スタンスミスの何が好きってジーンズとの相性が抜群なとこ。ロールアップして赤耳見せて足元はスタンスミス。これがマイ・スタンダード。

 

言いたいことはただひとつ。

僕のスタンスミスが一番カッコいい。

 

以上

 

JB0412 3ヶ月経過

3ヶ月経ったがもう既に2回洗濯している。ファーストウォッシュは履き始めてから2ヶ月後、セカンドウォッシュはその1ヶ月後。月に一回の頻度で洗っていこうと思っている。

 

洗濯の仕方

洗濯の方法は結構雑。ボタン全部止めて裏返して洗濯機にぶち込む!

洗い5分、すすぎ2回、脱水8分。

月一って頻度が多いか少ないかは人それぞれだと思うけど、個人的には多い方だと思う。縦落ちがいい感じに出るといいなー。

ウォッシュ後の生地のハリが復活したあの感じ。履き始めの頃を思い出すよね。

不思議なことにストレッチ入りのNudieJeansのThinFinnよりも綿100のこのジーンズの方が履き心地が良く感じる。(個人差はあると思う)

そんなこんなで、部分ごとの写真と全体像。

 

腰回り、ヒゲ

f:id:eringiV2:20161224233831j:image

 

後ろ

f:id:eringiV2:20161224233918j:image

 

ハチノス

 f:id:eringiV2:20161224234339j:image

 

膝まわり

f:id:eringiV2:20161224234037j:image

 

f:id:eringiV2:20161224234115j:image

 

全体像

f:id:eringiV2:20161224234207j:image

f:id:eringiV2:20161224234212j:image

 

着用画像2種類(室内と外)

f:id:eringiV2:20161224234225j:imagef:id:eringiV2:20161224234245j:image

 

まあ、そんなに色落ちしてない。強いて言うならケツかな。チャリ漕いだり、座ってる時間が多いから結構色が落ちて来てる。逆に言えばあまり動かないからハチノスとかヒゲはまだまだ。洗濯回数はそこそこ多くなるはずだからチェーンステッチのパッカリングは綺麗に出るんじゃないかな。

 

今書けることはこのくらい。

2ヶ月毎くらいに色落ち経過更新していこうと思います。

 

Japan Blue Jeans JB0412履き込み開始

ずっと気になってたジャパンブルージーンズについに手を出した。

Nudie JeansのThinFinnもまだ履いてるけど、やっぱり綿100のヘビーオンスのジーンズを履きたい!と思って気温が下がる9月から履き込みを開始。

 

スペック

・JB0412S-J

・ワンウォッシュ

・綿100%

・ステッチ付きのテーパードシルエット

・アメリカ×オーストラリア綿の16.5oz

・ボタンフライ

・赤耳

・チェーンステッチ(青)

 

なんといっても16.5oz!!まさにモンスターセルヴィッチ。

ジャパンブルージーンズの特徴としてインシームが青というものがある。JB0412も例外ではない。これが嫌だという人もいるけど別に僕は気にしない。

ちなみに直営店で買ったのでインシームと同じ色の糸で裾上げしてもらった。

 

サイズ

身長174cm、体重53kgとめちゃくちゃ細い僕。体重軽すぎて逆にコンプレックスです。JB0412は28インチからの展開なんだけど、それでもウエストに余裕がある。ベルトするからいいや、28インチで。

ちなみにワンウォッシュなので縮みに関してはほとんど考えなくていい。裾上げしてもらうとき念のため、1cm長くとってもらったけど結局長さが気に入らなくて最裾上げする始末。

 

全体像

おろしたてのうちに着用画像を取って置かなかったのは失敗だった...。

一日目の着用後の写真だけ残ってたのでそれだけ載せときます。

 

f:id:eringiV2:20161129173432j:plain

f:id:eringiV2:20161129173458j:plain

履き始めは16.5ozということもあり、ガチガチだしボタンフライ初めてだしそもそも脚を通すのにも時間がかかった。これのリジッドもあるらしいけど、これ以上の硬さが想像できない…。

辛いのは最初の1週間位。この頃はこのジーンズをブレークインしていくんだと言う気持ちのほうが強かったから僕はあんまり辛いとは思いませんでした。

 

実はこの記事書いてる時点で2ヶ月位経っちゃってます。

 

まとめ

ジーンズが好きだから、ジーンズを履いている。

汚いとか言われても気にするな。

履いていたときのライフスタイルや思い出がこのジーンズに刻まれていくのだ。

これがジーンズを履く楽しみだと僕は思う。