ケセラセラ

ジーンズや服について。

made in USA Levi's 501

ジーンズの原点たる501。リジッドならではの光沢感が美しい。


購入した経緯
JB0412の色落ちがいい感じになってきたからそろそろ次のジーンズストックしときたいなーって思ってました(ずっと言ってる)。
捻れが出やすくてナチュラルな色落ちになりそうなリゾルトの710を買おうと思ってたんだけど、いいタイミングで made in USAのリーバイスの情報と、コーンミルズのホワイトオーク工場閉鎖のニュースが流れてきました。
ストレートのシルエット欲しかったし、リゾルトより安いし、何よりホワイトオーク工場が閉鎖してしまったらもうコーンミルズのセルビッジデニムのジーンズを手に入れられる機会はないかもしれない。そう思って購入に至りました。



早速糊落とし
当然、糊がついているので先に落としちゃいます。メリハリの強い色落ちを好む方は糊を落とさず履けばいいんじゃないでしょうか。
糊落としの方法は、どっかで見たこと聴いたことのある方法の寄せ集めみたいな感じ。結構適当。そんなに気を使わなくても、一回の洗濯じゃたいして色も落ちないし、誤差みたいなもんです。とにかく糊を落としきることが重要。

①ボタンをとめて表向きのまま、40度のお湯につける。僕の場合は30分です。
②裏返して畳んで、ネットに入れて洗濯機のドライコースで洗濯。このとき洗剤を入れました。ここは気を使ってデニム用の洗剤を使用。
③干して自然乾燥。乾燥機にはかけませんでした。

以上で糊落とし終了。が、乾いてみてから気づいたんだけど多分糊が落ちきってない…。糊特有の匂いが残ってます。まあいいや。シュリンクトゥフィットシュリンクトゥフィット。
乾燥機にかけるか結構迷いました。リゾルトの林さんは昔のアメリカ人は色落ちなんて気にせずガンガン乾燥機かけてたから乾燥機かけるといいよって言ってたけど、果たして現代の日本のめちゃくちゃ高性能な乾燥機で同じ扱いをしても良いのだろうか。で、ビビって結局やめた。洗濯してりゃそのうち縮みきるでしょ。


ファーストウォッシュの縮みはこんな感じです。

     洗濯前    洗濯後   縮み
エスト  74      71    -3
股下    81      77.5   -3.5

洗濯前の寸法は実寸値です。オンラインの数値はウエスト75 股下83になってますが、個体差ってヤツですかね。
おもったより縮まない、というかこれは確実に縮みきってませんね。きっと1回じゃ縮みきらないんでしょう。これからのレポートに乞うご期待。
ちなみにオンラインの製品説明には10%縮むという記載があります。


【追記】(2017/12/09)
1週間後、乾燥機にかけて更に股下縮みました。股下74.5なので最終的に -6.5センチの縮みです。個体差があるのであくまで参考までに。
10%も縮まないし、足が長い人は乾燥機かけると最悪つんつるてんになって履けなくなる可能性があるので注意してください。身長174センチの僕は股下74で踵より1センチくらい上の丈感でした。
追記ここまで。



f:id:eringiV2:20171201005632j:plain

早くもファーストウォッシュを終えた501


僕が持ってる90年代のUSA501(以下501ETと記載。501 Eringi Taperedなので。)と比較してみました。シルエットはいじっちゃってあるので比較できませんが。

f:id:eringiV2:20171201010139j:plain
501ET レザーパッチ

f:id:eringiV2:20171201010252j:plain
今回の501 レザーパッチ

バックポケットは大きさは測った結果全く同じでした。

f:id:eringiV2:20171201010159j:plain
501ET  バックポケット

f:id:eringiV2:20171201010217j:plain
今回の501 バックポケット


現行の501には見られないデティール。

f:id:eringiV2:20171201010235j:plain
赤タブ横の内側のオレンジのステッチが曲線を描く


着用画像

jacket :2.5-layer prima200 jacket/Manastash
denim:501/Levi's
shoes:990/New Balance






もう少し縮んでワンクッションするかしないかくらいの丈になってくれるといいな。


そういえばブログを書き始めて1年が経ちました。1年前と比べるとジーンズだけでなく、洋服に対する姿勢も随分変わったような気がします。服が好きであることは変わりませんが。
自分のファッション観と向き合ってきました。結局、服は服でしかありません。あくまで脇役です。それにいくらお金をかけたところで他人からの評価なんて殆ど変わりません。でも、好きな服を着ていい気分で1日過ごせたらそれでいいよねって思います。それ以上のことを服に求めなくなりました。きっと、それ以上のことはファッションの本質じゃない。
そう思うようになった今のほうがファッションを楽しめてる感じがします。


...ブログなんか書いてる場合じゃない。テスト勉強に戻ります。