ケセラセラ

ジーンズとか服の話。

ジーンズソムリエをとった話

実は9月頃にジーンズソムリエの資格認定試験を受けてきました。

結果がやっと届きました。合格。。
この資格の存在を知ったのがちょうど1年くらい前で今年は絶対に受験して合格してやろうと思っていた。
試験の内容自体はそんなに難しくなくて、公式テキストをしっかりと読み込んでおけば答えられないような難題はない。デニムの生地に使われる糸の話からジーンズが出来上がるまでの工程、その後の商品としての取り扱い方などが出題される。ジーンズが好きな人はテキスト読んでるだけでも、新たな発見が結構あってすごく面白いと思う。僕はとても面白かった。
東京の会場で試験を受けたけど、ほとんどの受験者がアパレル関係者っぽかった。一応、僕みたいに趣味で取りに来てる人もいるみたい。そういう人たちはみんな、「俺のジーンズを見てくれ!」と言わんばかりに自慢の一本であろうジーンズを履いてましたね笑。
後日、認定証と認定バッジが送られてくるらしい。
この資格を取ったからといって、特別にできる仕事がある訳でもないし何の役にも立たないかもしれない。完全に自己満足だけど、それでもやっぱりずっと取りたかった資格を取得できて嬉しいです。
僕はこれからもジーンズが大好き。

ct70 買いました

海外通販で買いました。税関で止められるだとか嘘か本当か分からない噂があるようだけど何事もなく無事に届きました。

ファーストストリングの三つ星パッチ。

J VTJ 50 HIと比較して



紐はct50の方がツルツルしてる。両方ともコットン100だけど質感が違う。

ct70のアッパーは14ozのキャンバス。ガッシリとした印象。
ct50も厚みは同じくらいなんだけど、ct70よりもしなやかな感じ。

2足でサイズが違うので履き心地は比較できない。でもct70 のインソールはかなり厚い。クッション性はct70の方がある。


こいつぁ一軍入り間違いなしですねえ!
これ以上スニーカー増えても履き回しきれないし、後はレッドウィングのポストマンだけ手に入れたらそろそろ本当に落ち着きたいです。

何に価値を見出せばいいのだろう

A.P.Cのストーンウォッシュ加工のプチニュースタンダードを買おうとしてたのに気づいたらUNIQLOのスリムフィットジーンズを買っていた。

A.P.C プチニュースタンダード ¥24840
・ボタンフライの12.75oz
・脇割
・綿98ポリウレタン2
・裾幅16(28インチ)



UNIQLO スリムフィットジーンズ ¥3900
・多分12ozくらい?
・ジップフライ
・脇割
・綿99ポリウレタン1
・裾幅17(28インチ)




A.P.Cのデニム、高いけど値段なりの質であると思う。〜25,000円で他のブランドで似たような雰囲気のデニム中々見つからないし。
プチニュースタンダードはスリムテーパード、対してUNIQLOの方はスリムストレート。UNIQLOの方が求めているシルエットに近かったから選んだ。
なんでプチニュースタンダードとニュースタンダードはストーンウォッシュ加工されてるのもあるのにプチスタンダードはないんだろ。
最近のUNIQLOのジーンズはシルエットだけでなく加工感までかなり良い感じになってきてる。

これのお陰なのかな。確かなことはわからないけれども。
少なくとも今の僕はこのユニクロの3900円のジーンズを触った後に、+2万円でA.P.Cのジーンズを買うという気持ちになれなかった。

JB0412 1年経過

気づけば1年たちました。ただ、この夏は結構他のパンツに浮気してたので前回の色落ちレポートのときからあまり変化はありません。

やっぱ縦落ちがかなり出てます。
パッカリングもいい感じ。もう少し全体のトーンが薄くなると理想的。

ダメージもちょくちょく出てきてます。
スレーキも破れそうだけど、使えなくなるくらいボロボロになるまではリペアするつもりはないです。

1年前と比較してみるのも面白い。
洗濯回数は数えてないから正確な数はわかんないけど多分30回弱くらいじゃないかなあ。乾燥機は一度も使ってません。

そろそろ新しいジーンズ欲しいけど、まあそんなのを買えるお金もない。しばらくはまだジャパンブルーを履いていきます。

LEVI'S 70505 BIG E

同じ日に2つ記事書いてる。そしてあまりにも金遣いが荒すぎる。メルカリ鬼出品マンにならざるを得ない。

今回手に入れたのはコイツです。

初ヴィンテージ。ビッグEです。
1967〜1968年のモデル。サイズは36。
結構着込まれている様子で、襟の折り目のところはタタキで補強されてる。
写真じゃ伝えきれないけどなんかこう、物凄い迫力というか雰囲気のある色落ちです。

色はちょっと薄め。そのせいなのか分からないけど、11000円くらいで買えた。
最初はNudie JeansとかA.P.Cのリジッドの3万くらいのを買おうとしてたんだけど、結果的にヴィンテージに挑戦してみてホントによかった。

70505について
どうやらここ数年でヴィンテージのデニムジャケットの需要が高まっているらしい。同じ年代に作られたビッグEの501だとヤフオクでだいたい5〜8万くらいで売られているけど、デニムジャケットの70505なら比較的安価でヴィンテージ品を楽しむことができる。オークションや古着屋にも探せば状態の良さそうなモノがまだ2万円前後であると思います。

冷静に考えて50年以上前の衣服がまだ着られているってすごいなあ。最近古着の良さがちょっとずつ分かってきたような気がします。70505、大事に着ていきます。

pure blue japan ブラックデニム

地元のセレクトショップの改装セールにて。ピュアブルージャパンのブラックデニムが1000円で買えた。名だたるブランドのアイテムはほとんど売り切れてしまっている中、このジーンズだけがポツンと残っていた。
しかも27インチ。ぼくピッタリ。これは俺が買うべきジーンズだと思い、即購入。ちなみに定価だと23,000円。。

このセルビッチかわいいな。

革パッチもなんか描いてあったっぽいけど加工の過程でハゲちゃってる。

シルエットはストレートです。フロントはボタンフライ。生地は触った感じ、14oz前後くらいな気がする。丈も自分の持ってるパンツの中だと長い方なので、ロールアップしてゆったり履こうかな。
今年は服との出会いに関してはかなり運がいいです。

UNIQLOについて


UNIQLOの質や値段、どんな人がUNIQLOのどんな服を選ぶのか。多分その辺の話は他で語り尽くされてるだろう。主にTwitterとかで。『UNIQLOセルビッチジーンズは神ですよね。あの値段でセルビッチはあり得ませんよ。その道の人でも2万円くらいのデニムと見分けがつかないでしょう。』こんなんばっか!みんなおんなじ事ばっか言ってて参考にならねーよ!お前にとってのUNIQLOとは何だ!?いいか!俺にとってのUNIQLOはこうだ!

どうでもいい服を買うところだ!
ファストブランドの強みって、在庫が大量にあっていつでも似たようなものや色違いの物をすぐ買えるってことだと思う。僕はUNIQLOの紺色のスウェットシャツ(1000円くらいで買えるやつ)を愛用している。僕にとっての究極の普段着って感じだ。ボロボロになってもUNIQLOだからすぐ買い換えられる。安いし。

でも最近だと、ファストブランドと有名なデザイナーとのコラボが目立つよね(僕が無知で最近のことしか知らない)。ユニクロに限定すれば、UNIQLO U、UNIQLO×イネス(メンズは2017awが初展開)、UNIQLO×j.w.andersonとか…。こういうのはいつでも買い換えられるって感じじゃないけどちょっと特別感あるよね。あくまで普段着っていう括りから抜けることはないんだけどちょっと贅沢、みたいな。そのくらいの距離感が心地よい。
ちなみに僕はUNIQLO×イネスがめちゃめちゃ楽しみです。セットアップが欲しい〜と思ってたところにちょうど降ってきました。ステンカラーコートも良さげなので多分買います。





Twitterで見かけた誰かさんの言葉を今ここで使います。



服の飢えは服によってしか満たせない。


以上


p.s
僕もUNIQLOのジーンズ、好きです。